長時間のお説教を乗り越えるには?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:623
  • ありがとう数:0

はじめに

職場などで、研修や指導という名目で、
長時間お説教を受けることがありますよね。
そういう時にはどうやって乗り越えたらいいでしょうか?

STEP1お説教を軽く聞き流せるタイプの人に学ぶ。

人から言われたことは、なんでも右から左に流して
全く気にしない(ように見える)タイプの人がいますよね。
そういう人の様子をよく観察して、まねをしましょう。
また、お昼を一緒に食べたりして、考え方のコツなどを教えてもらいましょう。

STEP2耳栓をつめる。

全然聞こえないとまずいのですが、
音量が小さくなるだけで、かなり楽になります。
相手の声も、自分の声も小さく、そしていつもと違って聞こえるので
他人事に感じて、精神的にも楽になります。

STEP3対話形式の説教の場合

一方的に説教を聞くだけなら、まだ楽ですが、
こちらに返事を求めるタイプの説教はよりつらいですね。

仕事に関する注意だけならまだ良いのですが、
ひどくなると人格を傷つけるようなことも言われることがあります。
こうなると、もうパワハラなのですが、
こういう場合は、相手のテンポ感より、もうすこし遅いテンポで反応しましょう。
返事をする前にしばらく間を取り、普段よりもゆっくりした話し方で話します。
または、何を聞かれても同じような答えを繰り返す方法もあります。
テンポ感が違うと、非常にやりにくさを感じるので、相手もだんだん疲れてきます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ