家庭でできる猫の鎮痛療法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ペットが痛みを感じていると察するのは難しいことです。足を引きずったり鳴いたりしても、どこが悪いかわかりません。獣医師の処方薬は有効ですが高価です。家庭でできる代替医療があります。

STEP1アルファルファ


アルファルファは猫と犬の治療に有効です。消化を助ける天然酵素として、猫に茶さじ半分の刻んだアルファルファを与えます。アレルギー、関節炎、朝の吐き気、消化性潰瘍、胃病、口臭に有効です。血液を浄化して凝固を阻止し、たんぱく質、カルシウムなどと一緒にとることで食欲を増進します。

STEP2アカニレ(猫用ハーブとして市販されています)


アカニレは非常に若い猫か老猫に有効です。胃潰瘍、腸と腎臓病、便秘、下痢、赤痢、大腸炎などすべての消化器系の病気に効果があります。樹皮が手に入る場合は、火傷、発疹、膿瘍、吹出物、虫刺されに貼ると有効です。咳、嘔吐の緩和にも効果があります。

STEP3代替療法


その他、利用できる種々の代替療法があります。トリカブトは、恐れ、痛み、ショックまたは精神的外傷を治療します。オトギリソウ属は神経の損傷を含む足の痛みに有効です。アルニカは打ち身、挫傷、出血に効果があります。キンセンカ・クリームとヒペリカムは、切り傷、すり傷を治療します。ウルシはリウマチと関節炎に有効です。アピスは蜂に刺されたとき、または関節炎など、発赤と腫れを治療します。カモミールまたはベラドンナは、激痛、熱または歯痛に有効です。コロシントは疝痛に効果があります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ