猫の疝痛

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:333
  • ありがとう数:0

はじめに

猫は年齢を問わす疝痛の危険性があります。疝痛はガスが腹部に蓄積されることで起こり、腹痛を引き起こします。成猫より子猫は頻繁に疝痛を起こす傾向があります。

STEP1原因


添加物と防腐剤の入った低品質の食物、腐敗した食物、ゴミ、農薬などが疝痛の原因となりえます。疝痛は細菌性、ウイルス性、寄生虫の病気、例えば肝不全、腎臓病、潰瘍、腸炎などの病気の原因となります。

STEP2疝痛のサイン


猫は疝痛を起こすと、腹痛、背を丸める、腹部膨満、食欲不振、元気が無いなどの症状をみせます。疝痛が深刻化すると猫は転げまわったり床に体を打ち付けたり、意識を失う場合もあります。

STEP3診断


疝痛が激しい場合はすぐに獣医師の診察を受けましょう。腹部の超音波検査やX線検査が必要な場合もあります。

STEP4対処法


少なくとも24時間は絶食させてください。その後、口当たりのよい米飯、鶏肉、電解質を与えます。

STEP5代替療法


ハーブ、植物性の薬品は消化吸収を助け、解毒の可能性があります。

STEP6疝痛を防ぐための注意事項


猫に天然素材のフード、できれば添加物や防腐剤の入っていないものを与えましょう。腐った食物、ゴミ、化学薬品に猫が近づかないようにしてください。塩分の無い新鮮な水を常時与え、疝痛を起こしたら24時間絶食させてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ