猫のために安全なハーブ一覧

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6682
  • ありがとう数:0

はじめに

特定のハーブ(例えばペニーロイヤルハッカ、マツヨイグサ、ルリヂサ、ユーカリノキとヒレハリソウ)は猫に有毒です。しかし、多くのハーブはさまざまな症状に有効で、例えばチンキ、カプセル、軟膏、お茶といった形で、自然療法を取り入れた獣医師、一部のペットショップ、自然食品やハーバルショップで入手可能です。

STEP1ジンジャー(生姜)


胃の痛みを緩和します。ドライブの前や途中に希釈した生姜汁を2,3滴与えても効果があります。

STEP2カモミール


カモミールには抗不安・抗炎症、痙攣止めの効果があり、腹部の痛みにも有効です。
胃潰瘍、炎症性腸疾患、擦り傷、消化管の炎症にも効果があり、解熱剤としては常備しておくとよいでしょう。

STEP3キャットニップ


キャットニップは吸入すると覚醒剤の働きをしますが、内服すれば鎮静剤です。約50%の猫がキャットニップに反応します。キャットニップは厳格高価のあるニューペタラクトンを含有しているので、適量を与えるよう注意します。

STEP4ミルクシスル


ミルクシスルは、肝疾患を治療して、肝臓を保護するのに用いられます。胆石とIBDを治療して、免疫系を高めて、猫で肝臓または胆管炎症を減らすのに用いられることもあります。ミルクシスルは腫瘍の成長を抑え、糖尿病性神経障害を治療します。1日の常用量は、少なくとも80パーセントのシリマリンを含むミルクシスル80~200mgです。高用量の長期の使用法は肝臓を害する可能性があります。

STEP5アカニレ


アカニレの樹皮にはいくつかの治療特性があり、内服、外用の双方に使われます。
外用では治癒を促進して、感染症を予防します。内服しては、胃、肺、腎臓、関節、のど、膀胱などすべての粘膜に有効です。常用量は4.5キロの体重につき茶さじ1/4杯の粉末です。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ