コーヒーを飲んだ後の口臭をリフレッシュさせる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by coffee_time
食後やブレイクタイムのコーヒーって落ち着きますよね♪ コーヒーの香りってすごくいいのに、飲んだ後の口臭気になりませんか? コーヒー党の方は必見です!!

STEP1★ なぜコーヒーを飲むと口臭がするの?

コーヒーには、焙煎された褐色のコーヒー豆の微粒子がたくさん入っています。
これらが舌の表面にある舌乳頭に付着しやすいコト。
また、コーヒーは口の中のpHを低下させ、
飲みすぎると唾液分泌を押さえてしまうからです。
口の中のpHが低下すると口臭を引き起こしやすい環境を作ってしまいます。

特にコーヒーを飲んだ直後は、コーヒーのよい香りが残っていますが、
しばらくすると舌に残ったコーヒーの焦げ臭い焙煎成分とミルクや砂糖の分解による
臭気が混じって特有の口臭を引き起こしやすくなってしまいます。

STEP2★ 対策

コーヒーを飲む時は水を用意しておき
飲み終わるとすぐに水を口に含みましょう。

舌の表面を口の天井でゴシゴシして、
コーヒーの味や香りを完全にその都度取り除く事です。
最後に、水を少し含みコーヒーの味が残っていない事を確認して飲んでください。



コーヒーの香りを満喫できなくなってしまいますが、
どうしてもコーヒーが飲みたいけど、その後大切な約束などがある時はこの方法で
リフレッシュさせましょう♪

STEP3★ 注意

口臭が気になる時、歯を磨くといいかなっと思いがちですが、
歯を磨くと乾燥が進み歯磨き剤とコーヒーの混じった臭気になる可能性があります。
コーヒーを飲んだ後、最大の特徴は成分が歯に残っているのではなく、
舌にコーヒー成分が付着する事が問題なので注意するようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ