転勤した人へのお礼状の書き方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

仕事でお世話になった方に、仕事の経過報告がてら挨拶状を送ると喜ばれます。

STEP1内容・順序としては以下のようなものを入れます。

・時候の挨拶
・ごぶさたのお詫び
・その後の状況を尋ねる
・在任中のお礼
・受注した仕事の経過報告とお礼
・今後の活躍を祈る言葉
・結びの言葉

STEP2この流れで文章を書くと、例えば以下のようになります。

拝啓
陽春の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
大変ご無沙汰してしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。
△△支社へのご栄転、まことにおめでとうございます。○○様のこと、きっと新天地でもご活躍のことと存じます。

××支社ご在籍の頃には、幾度となくお世話になり、ありがとうございました。
私めに任せていただきました業務が無事終了いたしましたことを、ご報告申し上げたいと思います。
この仕事を達成することが出来ましたのは、○○様が若輩者の私に対し、格別のご配慮と的確な指導を行ってくださったことの賜物と確信しております。
厚く御礼申し上げます。
詳細につきましては別途同封いたしました報告書に記載しておりますので、お目通しいただけますようお願い申し上げます。
まだまだ至らぬ点の多い未熟者でありますので、今後の課題や改善点などございましたら、お時間を頂戴できます時にまたご指導いただけますと幸いに存じます。

不慣れな土地で何かとご苦労もございますでしょうが、何卒ご自愛くださいませ。
私めも、○○様にご指導いただきました事柄を常に心に置き、反復しながら成長していきたく存じます。

それでは簡単ではありますが、以上をもちましてご報告と御礼に代えさせていただきます。
ますます御健康でご活躍のほど、陰ながらお祈りいたします。

敬具

まとめ

自分らしい言葉で、お礼を述べられると良いですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ