第三者が見て内容が理解ができる文書を書くコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

会社でビジネス文書を書いて、「第三者が見て内容が理解ができるように書け」と注意を受けたりしませんか?

STEP1

議事録や稟議書といったビジネス書類は、会社でフォーマットが決まっていることが多いです。書く内容や要素は、これを埋めれば充足されているはず。
注意を受けるということは、「文章力」「書き方」に問題があるということです。

STEP2

ビジネス文書は箇条書きが基本ですが、特に社内文書では、題目によって箇条書きで並べる順番まで決まっているはずです。

本部組織では、現場から上がってくる稟議書を月に何千本も目を通さねばなりません。それを定型化した文書ではなく、独自の形式、文体で書かれたものだと、見る気にもなれないでしょう。

STEP3

まずは、先輩や、文章が上手な人の書き方を真似することから始めましょう。
箇条書きにするにも、キーワードをキッチリ入れるコツがあります。なぜその文書が良いのか考えながら、完全に自分のものになるまで、徹底的に模倣しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ