「ダイエット」と「ちゃんこ」から考える太らない方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

「ダイエット」、「ちゃんこ」の言葉の意味を正しく理解し、
太らない方法を考えましょう。

STEP1「ダイエット」=「ちゃんこ」

相撲用語の「ちゃんこ」と聞いて「ちゃんこ鍋」を連想される方が多いと思います。
しかし、「ちゃんこ」とは、相撲部屋でのすべての食事のことを意味します。
従って、相撲部屋で「ラーメン」を食べても、「トースト」を食べても「ちゃんこ」です。
これを英語に訳すと"diet(ダイエット)"になります。
日本では、「ダイエット」を「減量」の意味で間違って使われていますが、
「ダイエット」とは日常の食事の事です。
以下、ご参照ください。

http://okguide.okwave.jp/guides/19851

STEP2力士が体重を増やすためにどのようにしているのでしょうか?

力士は体重が多い方が勝つために有利であり、増やそうとしています。
その対策は

1 たくさん食べる

当たり前の話ですが、力士は猛稽古をしています。
カロリーを多く消費しています。
その上で体重を増やすために、食事の量は半端ではありません。、

2 1日2食(朝食抜き)

朝食抜きは太るという説がありますが、一方で2食にしてもトータルの
カロリー摂取量は多くはならないという異説もあります。
しかし、どの相撲部屋でも朝稽古が終わってからのちゃんこと夕食の
ちゃんこの2食です。
力士の経験上からできた習慣であり、トータルのカロリー摂取量だけでは
太ることの説明はつかないようです。

3 頭を使わない

力士は相撲を体で覚えます。そのために稽古量を積み重ねます。
頭を使って相撲に臨んでも、考えているうちに負けてしまいます。
相撲部屋での余暇の時間も、できるだけ頭を使わないで過ごしているようです。

STEP3太らないためには、力士と逆の事をしましょう

1 食べすぎない

当たり前の話ですね。
運動量(カロリー消費量)と合わせて考えましょう。

2 1日3食とる

異論はありますが、3食とった方が良いようです。
日本では室町時代頃から3食になったといわれています。
以下3とも関連しますが、より情報化社会になり頭を使うために
3食になったようです。


3 頭を多く使う

科学的な根拠は定かではありませんが、頭脳労働もカロリーを消費するようです。
よく「痩の大食い」と言いますが、そのような人が、運動もあまりしていない場合、
頭を多く使っていると考えれば説明がつきます。

まとめ

太らないための方法は、人それぞれだと思います。
自分に合った方法を考え、試行錯誤することが大事だと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ