エレベーターに席次がある理由

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ビジネスマナーの本には、エレベータの上座・下座が紹介されています。ただ、譲り合ってないでさくっと乗って、目的の階へ行ったほうが良いのでは?という気もしませんか?

STEP1

エレベーターは、先に入った人が行き先階のボタンを押して「開」ボタンを押して、全員乗り込むのを待ちます。
だから、下の人が先に乗る、ボタンの前が下座、とされています。

降りるときも、この下座にいれば、「開」ボタンを押して上の人を先に出して最後に下の人が出る、または下の人が先に出てお迎えをしながら手で扉が閉まらないようにしておくことが可能です。

STEP2

上司がさっさと乗り込んでしまったら、下の人も素早く乗り込んでボタン前の位置をゲットできれば、下座はキープできますね。
ただ、大抵の場合はムリで、上司を押しのける形になりかねません。
モタモタしないようにして、ボタンを押してくれている上司にひとこと「すみません」と言ったうえで上座に乗ってしまうのが良いでしょう。

STEP3

マナーとは思いやりなので、その時に応じた臨機応変さが大事になります。
ビジネスマナーなどでこういう席次を覚えるときに大事なのは、こういう席次だという丸暗記でなく、なんでそういう席次になるのかという思いやりの心を覚えることです。
そうすると、さまざまな場面での応用が利くようになります。

まとめ

相手に対する思いやりの心を持つこと。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ