大切な衣類を守る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:195
  • ありがとう数:0

はじめに

衣替えの時期。面倒ですよね。
面倒でも少し注意をすれば、愛用している洋服をいつまでも着ることができるのです。

STEP1

衣替えの時期。一度洗濯をした衣類をそのまましまっていませんか?
衣類は見た目汚れもなくきれいでも、体から出た汗やアカ等付着したままになっていることが多いんです。
お手入れせずにしまってしまい、また時期が着て衣類を取出した際、大きなシミのような汚れが衣類についていた経験はありませんか?
そのしみは汗やアカなどの汚れが原因です。
一度洗濯をすれば落ちる物から、二度と着用できなくなるものまで、症状を様々です。

STEP2衣類は着用後すぐに洗濯かクリ-ニングに出しましょう。

クリーニングの場合は、水洗いがおすすめです。
素材やクリーニング店によっては出来ない場合もありますので、相談してみましょう。

衣替えの際、衣類をしまう前に熱湯で洗濯しましょう。
すすぎは水でも大丈夫です。
熱湯で洗濯することにより、水では落ちにくい汗やアカ等の汚れが綺麗に落ちますので、
後からシミになるという心配もありません。

STEP3

衣類はクリ-ニングから戻ってきたものは、袋のままクローゼットに保管してしますと、袋の中に溜まっている蒸気が原因で、カビてしまいます。
クリーニングから衣類が戻ってきたら、袋から出して通気性の良いところに1日掛けておくか、通気性の良いカバーに入れ替えて、風通しの良いところに保管しましょう。

防虫剤や乾燥剤を使用する際は2種類以上の違う商品を、同時に使用しないでください。
化学反応をおこして液化し、シミの原因になることがあります。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ