傘を長持ちさせるには?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

いつも当たり前に使用している傘。 使い捨て傘は、収納が大変ですし捨てるのも面倒です。 なるべく購入せずに、布製の傘を購入して長く使用しましょう。

STEP1一般的に、傘は生地の表側にはっ水加工をしています。

生地の裏側には防水加工が施されています。
表面で水をはじき、裏面では水の浸入を防いでいるわけです。
しかし、はっ水加工は、雨に何度も濡れる事により、効果が薄れていってしまいます。
でも、傘から雨が漏ってくる事はあまりありまんよね。
裏面の防水加工が雨漏れを防いでくれているからです。

STEP2傘はお手入れをする事により、長く使用することが出来ます。

みなさんは、傘のお手入れしていますか?

STEP3

まず、傘を一度使用したら、必ず日陰干しで傘を開いて十分に乾燥させましょう。
乾かす事によりはっ水効果を高める事が出来ます。
梅雨の時期や雨が続く時は、ドライヤー等をしようして、乾燥させてください。
ただし、熱風は傘を逆に痛めてしまいますので、送風で乾かして下さい。
傘をきちんと乾かした後は、市販のはっ水スプレー吹きかけて収納しましょう。
たったこれだけで、全然違いますよ。
お気に入りの傘なら尚更大切に使用したいですね。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ