床の補修方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

フローリングのキズは すぐに補修した方が良いそうです。 すぐに対処できるように 補修法を知っておくと安心です。

STEP1◆キズを見つけたらすぐふさぐ

 フローリングには、掃除機や家具を引きずったり、物を落としたり
していつの間にかキズがついています。傷は放っておくと汚れが
たまってとれなくなります。クレヨン型などの補修剤を常備しておき、
キズを見つけたらすぐにふさぐようにしましょう。

◆キズの補修法
(1)床の余分な汚れを拭きます。
(2)補修剤をドライヤーで温め、キズに直角に埋め込むように
  塗ります。補修剤の中に床とぴったりの色がない場合は、
  スプーンに何色かをいれ、熱して調合しましょう。
(3)温かいうちに、定規などではみ出したぶんを掻きとり、
  布で拭きましょう。

STEP2◆軽い引っかきキズなら

 ワックスをぬって一晩置いてから、乾いた布などで磨きましょう。

STEP3◆へこみには

へこみの部分に氷を一晩おき、あて布の上からアイロンをかけましょう。

STEP4◆キズがつきにくくするには

一般的に、ワックスを塗ることでキズ予防になりますが、
おおよそ1~2ヶ月ではがれてしまいます。
そこで、ワックスのかわりにニスを塗れば約2年に1度の
塗り替えで十分になります。多少手間はかかりますが、
手入れの回数と仕上がりの美しさに差が出ます。
ただし、ニスは天然素材のものを選び、使用前に目立たない
ところで試してから塗るようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ