小学生のバレンタインチョコ・適正価格とは

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:873
  • ありがとう数:0

はじめに

小学生でも一般的行事になりつつあるバレンタインデー。送る側の親としては、我が子の想いを伝えたいと思う反面、お返しをする相手(男の子の母の負担)のことを考えると悩んでしまうもの。買うならいくらぐらいが良いのでしょうか。

STEP1

いまではコンビニやスーパーに売っているチョコレートでも、大手有名メーカーのもので200円~300円のチョコレートもざらにあります。バレンタイン仕様となると、平気で500円ぐらいかかります。
小さいチョコレートが2~3粒しかはいってなくて500円だと、小学生にはやや高い買い物と言えますが、量的にそこそこで、値段相応と思える商品であれば、それはそれで「そういうもの」と言えます。

500円のチョコレートを何人にも大量に配る、となるとお金をかけ過ぎですが、仲の良い子ひとりだけにあげるなら高価すぎるとは言えません。

ただ、相手のお母さんにとって負担になると困りますので、「自分の子がこのプレゼントを受け取ったときに、自分は負担に思わないか」を考えたうえで選ぶ方が良いでしょう。

STEP2

子どもにお小遣いをあげているなら、お小遣いの範囲で買わせるのが一番です。自分の持っているお金と、チョコをあげたい想いを秤にかける経験は、金銭感覚を養ううえでプラスになります。

例えば、お小遣いが月100円なら。
チロルチョコ2個(40~60円)を買ってきて、家にある折り紙や包装紙できれいにラッピングし、手作りのカードを付ける、というように、素敵なプレゼントを仕立て上げることはできます。
お金以外でプレゼントの魅力を上げる方法を教えてあげる、というのも良い導き方だと思います。

まとめ

お付き合いと子どもの想いと家計の狭間で悩むところですが、楽しく過ごせるように良い落としどころを探りましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ