アメリカ合衆国からオーストラリアへの電話の掛け方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5
  • ありがとう数:0

はじめに

グレートバリアリーフや広大な砂漠、雪山を有するオーストラリアは国土が非常に広い国です。 国内に3つのタイムゾーンがあるので、電話する際はどの地域に掛けるのかを明確にしておきましょう。 そして、夜中の午前3時に友人や家族に電話する気力が必要ですね。

STEP1

まず、電話を掛ける先の時間を計算しましょう。オーストラリア西部のパースはアメリカ合衆国より、東部標準時間では13時間早く、グリニッチ標準時間では8時間早くなります。中部は東部標準時間で14時間(グリニッチ標準時間では9時間)早く、ブリスベンのような東部では東部標準時間で15時間(グリニッチ標準時間で10時間)早くなります。

STEP2

国際番号の011をダイヤルします。

STEP3

オーストラリアの国番号61をダイヤルします。

STEP4

市外局番に続けて相手先の番号をダイヤルします。メルボルンは3、パースは9、ブリスベンは7、シドニーは2といった具合です。

まとめ

・手順通りにしても掛からない場合は、00をダイヤルして国際電話オペレーターに確認しましょう。 ・昼間の長距離電話は通話代がとても高いので、できるだけ夕方や週末に掛ける方がよいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

・テレホンカード ・電話 ・旅行ガイド ・時計

ピックアップ

ページ先頭へ