卓球台は何からできているのか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

卓球は世界で最も競技人口の多いスポーツで、1988年にオリンピック種目になりました。

STEP1歴史

19世紀にイギリス人が、ネットとピンポン玉の代わりに本とシャンパンコルクを用いて行ったゲームが卓球の起源です。1901年に”ピンポン”という言葉がロンドンのJ.ジャック&サン社によって商標登録され、その後アメリカのパーカー・ブラザーズという会社に権利が譲渡されました。

STEP2卓球台

公式の卓球台は、塗料で塗られたメソナイトと呼ばれる繊維板の一種でできており、コートは網の目状のネットで仕切られています。ネットは金属サポーターで支えられ、サポーターはコンパクトに折りたたみ可能です。

STEP3台の大きさ

卓球台の規格サイズは
幅152.5×長さ274×高さ76cm×ネットの高さ15.25㎝ です。

STEP4ラケット

当初イギリス人はシガーボックスのふたをラケットとして使っていましたが、その後、イギリス人のE.C.グードが突起の付いたラバーシートを張った薄い木の板をラケットとして取り入れました。

STEP5ボール

シャンパンのコルクや糸の玉がピンポン玉の代わりに用いられていましたが、イギリス人のジェームス・ギブがアメリカで見つけて持ち帰ったセルロイドの球が使われるようになりました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ