子供の学習スタイルを知る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

学習スタイルは子供によって異なります。子供が持つ独自の学習スタイルを知ることは、勉強や遊びの場において、子供に興味を引かせたり、よい刺激を与えることになるでしょう。

STEP1

子供の遊び方を観察しましょう。“視覚学習型”に当てはまる子供は、芸術的センスがあり、身振り・手振りを交えて教えてあげるのがよいでしょう。パズル遊び・お絵かき・積み木遊びをよくする子供は“視覚・空間学習型”に当てはまります。お話作りが好きな子供は、“言語学習型”に当てはまります。体を動かして遊ぶのが好きな子供は、“運動感覚学習型”に当てはまります。

STEP2

他の子供との付き合い方を観察しましょう。グループで遊ぶのが好きな子供は、“外向的学習型”に当てはまり、人と関わるのが好きで社会を大切にします。このような外向的な子供はグループで学習するのがよいでしょう。それに対して、“内向的学習型”の子供は、静かに読書をするなど一人で学習するのがよいでしょう。

STEP3

子供が新しく見聞きしたことに対して、どのような反応を示すか観察しましょう。情報を段階的に考察し、実用的かつ明確に探求する子供は“専門的技能学習型”に当てはまり、手順を大事にします。見解に対して疑問を持ったり、抽象的な推理を行う子供は“理解学習型”に当てはまり、論理的説明や証拠を重んじます。感覚やイメージを通して学習する子供は、“自己表現学習型”に当てはまり、独創性や創意工夫を重んじます。

まとめ

・ある特定の学習スタイルに当てはまる傾向があっても、子供は知識や経験によって柔軟に学習する傾向があります。 ・誰もがどれかの学習スタイルにきっちり当てはまるわけではありません。一度に複数の学習スタイルに当てはまることもあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ