ネットワーク商法の断り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンナ
ジュエリー、化粧水、知育玩具等のネットワーク商法多いですね。興味がないイベントに友人、知り合いに誘られ、ただ見に来るだけでいいから、なんていわれると余計どうしようか・・。

STEP1とにかく、一回も参加しない。

その場に参加してしまうと、買わずにはいられない雰囲気になったり、ただ単に素敵なものを見つけて誘惑に負けたり、結局いかなければそういう環境にならないんです。。

STEP2誘われた段階で、「No, thank you」

自分には必要でないと判断できるものは、誘われたその時に「私は遠慮します。」と伝えておくと、その後メールや電話などの連絡もこなくなるのでは。

STEP3

買い物はお気に入りのショップ(オンラインショッピング)しかしないと伝えては。

単価がいくら安くても、後で買わなければよかったと思う商品は最初から購入したくないもの。こだわって賢い買い物しかしないという主張は、曖昧な返答しているよりも嫌な気持ちにならないのでは。

まとめ

自分がどうしたいのかをはっきり把握しておくと、友人も理解してくれるはず。そこでギクシャクしてしまうのであれば、もっと素敵な友人が他にいるはず。 正しい知識、判断力があればうまく対応できるのでは。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

断る力

ピックアップ

ページ先頭へ