国連が作っている 世界共通のお金 があるって知ってますか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ホエン
国連は世界の共通通貨を準備する為に、国連が発行するお金を作っています。 それは事実です。 それはいったいどういうものなのか? どのように機能し役に立つのか? そこをガイドします。

STEP1

今現在、世界のお金は、最も影響力のある一つの国、つまりアメリカのドルを基準として通貨の間の価値の比較をするようにしています。

お金を交換するとき、必ずドルの価値を基準にして交換するという決まりになっています。

STEP2

しかし、リーマンショック以降、アメリカの信用は丸つぶれ。アメリカのドルの信用はこの30年間落ちっぱなしです。

ドルという一つの通貨では世界のお金で起きるトラブルを解決できないという危機感が、国連の世界共通のお金に注目を集める原因です。

STEP3

そのお金の名前は、 特別引出権  という変な名前のお金です。

これは一体なんなのか?どういう仕組で使うのでしょうか?


国連にはIMFという機関があります。IMFは各国政府がお金を出し合って、国連に加盟した国が危機に陥った場合、お金を融通する為にあります。

STEP4

しかしこの基金を利用する場合、国連の承認が必要で、それが一筋縄ではいかないのです。
そこで、もっと簡単に加盟国がこのお金を集めたファンドの資金を利用できないかという考えがもとになって、 特別引出権ができました。

しかし現在でも危機に陥った国に対してはドルを供給することが多く、
特別引出権を利用することはありません。しかし将来その可能性は高くなります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ