失敗から学んだこと【ハンドソープ】

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ワンコは友達
手洗いを一生懸命している時期ですよね。 ハンドソープにもいっぱいあるけれど、貴女はどんなタイプを使っていますか? 私が失敗したことがあります。病院まで行きました。 たかが・・ハンドソープで? そうなんです。

STEP1

ハンドソープは一般的に、上から押して使うタイプを使っていますが、
ある時、手で勢いよく押したら、ハンドソープが飛び出してきて、
顔にかかりました。顔にかかったソープが目に入り、「痛い!」

目が真っ赤になり、痛くてしょうがないので、病院へ行きました。
ハンドソープは消毒作用が強いので、それが目によくなくて、
1か月通院しました。

どうして手にかかるはずのハンドソープがあらぬ方向に飛んだかというと、
ハンドソープの口元に原因がありました。

STEP2ハンドソープには色々なタイプの口元があり、

Photo by ワンコは友達
イラストの上のように、真横にソープが出てくるタイプで
なおかつ、口元にソープがこびりつく商品は、思い切って押すと、
どこかに飛び散ることが解りました。

ハンドソープの液はさっきも書いたように、
殺菌をうたっている成分が入っているので、普通の石けんとは違い、
目に入ると怖いことになります。

STEP3大人の場合は、ハンドソープの口元に手をしっかりと添えて、

石けんを出すことで、回避できます。

特に小さなお子さんがいる家庭では、

★口元が下を向いているものを買うようにして下さい。
★あるいは、泡でゆっくりと出てくる製品なら安心だと思います。

まとめ

本当に、このまま目があかないのではないかという経験をして、 車の運転もしばらく出来なかったので、その後は、外で手洗いせっけんを使う際にも、 手を口元にしっかりとつけて、押すようにしています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ