残りごはんで美味しいおかゆ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1935
  • ありがとう数:0

はじめに

おかゆは病人食と思われがちですが、普段食べても大変美味しいし、お米をたくさん使わなくても満腹感があるので、ダイエットにも良いです。
簡単に作れるおかゆのアレンジの仕方をご紹介します。

STEP1お米から炊くのは大変だが・・・。

おかゆを作る時、本当はお米から炊くととっても美味しいのですが、時間がかかります。
元気な時に作るのであればそれも良いですが、特に病気をしていて自分で作らなければならないときは簡単に済ませたいもの。
そういう時はご飯を使いましょう。
鍋にご飯と好みのダシを入れて、柔らかくなるまで炊きます。
お米から作るより味は多少落ちますが、簡単にできると思います。

STEP2ダシにこだわってみよう。

おかゆはお米を炊く時のダシで味わいが変わってきます。
カツオブシや昆布、いりこなどで取れば美味しいですが、中華スープも良いですし、ブイヨンも良い。
お米の味を純粋に味わいたい時は、水で炊いて軽く塩を振るだけでも十分美味しいです。
ダシによって味わいが変化するので、いろいろ試してみましょう。

STEP3具と添える物によっても味わいが。

我が家では白ネギの小口切りを加えることが多いですが、野菜はお好みのものでOKです。
根菜類はおかゆと一緒に炊きこんで柔らかくすると良いです。
すぐに火が通る葉物などはおかゆが炊けたら入れて蓋をして蒸らす程度で良いでしょう。
付け合わせに梅干しや佃煮、ふりかけも良いですし、普通のおかずに組み合わせるのも全然ありです。

まとめ

卵を入れるのも美味しいですが、卵はコレステロールが多いので、特に病気をされているときには摂りすぎに十分気をつけましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ