葬儀でのあれこれ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
「お清めの塩」「供え物」「偲ぶ会」のことご存知ですか?

STEP1葬儀でいただく「お清めの塩」の正しい使い方は

葬式ご、自分の身を清めるために足もとと肩と背中に塩を振りかけます。
屋内に入る前に振りかけるものなので、家に入る前。すぐに帰宅しない場合は、会社やお店に入る前に振りかけるのがベストです。

STEP2供物や供花も贈るべき?

個人で贈るのは、香典のみでOK。兄妹や親族、企業から贈るのが一般的。でも、贈りたい場合は贈っても問題はありません。

STEP3「偲ぶ会」に出席する場合

偲ぶ会は、喪が明け、遺族が落ち着いてから親しい人を招いてあらためて故人をしのぶもの。服装は、地味な色のワンピースやスーツで。会費制ではない場合は「御花料」と書いてある白無地の封筒に筆ペンでフルネームを書き、香典と同額のお金を準備しておくと無難です。

STEP4形見分けをしたい。と言われたら

ありがたく受け取るのが礼儀。高価なものなら、一度はお断りをし、それでも貰ってほしいと言われたら、受け取って。お返しをする必要はありません。

まとめ

photo by smap1

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ