名前を正しく覚えてもらう方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:407
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
初対面の人に、名前を正しく覚えてもらう方法です。

STEP1①名刺を渡す

ビジネスであれば、名刺を渡しましょう。
相手の名前を覚えるとともに、
自分の名前を覚えてもらえます。

そのため、できるかぎり見る人がわかりやすい名刺にするとよいでしょう。
難しい漢字であれば、振り仮名を降る、あるいはアルファベット表記を併記しておくとよいです。

STEP2②メールで正しい名前を書く

ビジネスメールや、正式なメールでは、自分の名前を書きます。
相手に名前を正しく覚えてもらえるように、
正式な名前を書きましょう。

やはりこの場合も、読みづらい漢字である場合、ふりがなを降ってもよいかもしれません。
ただし、正式なメールではあまり適さないかもしれません。
そうした場合には、実際会ったときに名刺を渡すとよいでしょう。

STEP3③相手が名前を間違っていたら

もし、相手が間違って名前を覚えていたら、
正しい名前を覚えてもらうようにしましょう。

目上の方にはなかなか指摘しづらいかもしれませんが、
そうした場合でも、正しい名前を告げた方がよいです。

ただし、先に自分からきちんと名乗っておくべきです。
名刺を渡すとともに、名前をきちんと口頭でも告げましょう。

まとめ

名前を覚えてもらうことで、ビジネスも円滑に進みますので、正しく覚えてもらいましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ