知ったかぶりで押し通す方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
ついつい、知ったかぶりで言ってしまうことがありますね。しかし、ばれるとバカにされるかもしれません。知ったかぶりでその場を押し通す方法です。

STEP1①その分野に詳しくない人とのみ話す

知ったかぶりで押し通すためには、
会話相手に、その分野に対する知識がないことが前提となります。

相手に少しでも知識があると、
間違った知識を披露してしまった場合、
すぐに突っ込まれ、知識のないことを見破られます。

よって、知ったかぶりをするのであれば、
その道の初心者しかいない場で、
かつ広く知られてはいない、専門的な分野についてのみ行いましょう。

STEP2②自分の得意分野に関連させて話す

完全に知識のない分野について話すのは、苦しいものです。
そこで、自分の詳しい分野と関連させて話してみるとよいでしょう。

これによって、あまり知らない言葉についても、
ある程度勘で話せるようになります。

たとえば、口頭諮問で聞いたことのない用語について質問された場合、
素直にわからないと伝えることも必要ですが、
一方で、知っている知識の内で、頑張って説明してみることも大事です。
知ったかぶりも、必ずしも悪いわけではありません。

STEP3③その後のフォロー

知ったかぶりをしてしまったら、
その後正しい知識を得られるように、
きちんと勉強するとよいでしょう。

これにより、後に同じ質問をされた場合答えられますし、
知ったかぶりで言ってしまった言葉について、自分でフォローすることもできます。
②の方法をとれば、100%間違ったことを言うということも少なくなりますので、
その後、きちんと正しい知識を身につけて、
もう一度会ったときに、補足説明できるようにしておくとよいでしょう。

知ったかぶりで問題となるのは、知ったふりをして、
正しい知識を身につけようとしないことです。
その場を切り抜けたら、正しい知識を勉強してみましょう。

まとめ

上手い知ったかぶりができるのも、一種のスキルです。必ずしも悪いわけではありません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ