甘え上手な嫁になろう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:587
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kakoteke
別居をしているお姑さんとは
仲良くしたいと思っても
どうしても他人行儀になりがちです。
どうすればよいのでしょうか。

STEP1「夫の母」に対しては、どうしても実母との関係のように

思ったことをズバズバ言う、なんてなかなかできないもの。
特に別居しているならなおさらです。滅多に会わない人間同士が
すぐに仲良くなりましょうといっても難しいのが実情では
ないでしょうか。

STEP2

 そんなときは、嫁が「甘え上手」になってみるのもひとつの手です。
この場合の「甘え上手」というのは、嫁がお姑さんに何でも遠慮せずに
お願いすることではなく、お姑さんの厚意や気配りを察して、それに
喜んで乗ってあげるという意味です。
 たとえば、帰省中の食事の支度を、お姑さんが「わたしがやるから、
あんたは座ってて」といってくれた場合、申し訳なさそうな顔をして
「すみません…」というのではなく、「ありがとうございます、
そうさせて頂きます」と言います。そして食事のときに「本当に美味しい
ですね、これってどうやって作るんですか」などと聞いたりするのです。
いつまでも他人行儀で「お義母さん、いつもすみません」なんて言うより
お姑さんにとってもこの方がずっと嬉しいと思います。この後に料理の
仕方などを習えば、それをきっかけに話が弾むかもしれませんし^^

STEP3

最近は夫の実家に行くのにも、お互い気を使うからとホテルに泊まる、
という人もいるそうです。こうして遠慮ばかりしていたら、親しくなる
きっかけさえなくしてしまいます。たまには上手に甘えてみるのも
お姑さんとの関係を良くする大切なポイントだと思いますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ