バットマンに最悪の怪人が挑む「ダークナイト」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
バットマンに最悪の怪人が挑む「ダークナイト」 2010年公開、レオナルド・ディカプリオの主演で話題を呼んだ大作「インセプション」。迷宮世界に息を飲んだ人も多かったのではないでしょうか。 この映画の監督クリストファー・ノーランの「ダークナイト」も評価が高く、「インセプション」に登場する役者も何人か出演しています。

STEP1

「ダークナイト」は、バットマンの誕生秘話を描いた「バットマン ビギンズ」の続編として制作されました。正義と悪の相克が描かれ、アクション映画なのに、何とも切ないシーンが多い作品です。

マフィアに汚染され、荒廃したゴッサム・シティに現れたのは、ジョーカーと名乗る怪人。彼は、父親から虐待を受けて育った快楽性犯罪者でした。

銀行を襲い、大金を奪ったジョーカーに対し、ゴッサム・シティの巨大企業社長であり、バットマンでもあるウェインは、ゴードン警部補と協力して、マフィアによるマネー・ロンダリングを摘発していきます。

ウェインをサポートするのは、執事のアルフレッドら。そんなゴッサム・シティの新任検事ハービーは、犯罪の撲滅と街の浄化を訴えて市民の支持を得ていきます。

STEP2

ウェインとハービーは、検事補のレイチェルをめぐり、かつては恋のライバルでしたが、お互いを認めあう仲でした。一方、ジョーカーはマフィアのボスたちの会合に現れて、バットマンを倒すと豪語します。マフィアの手先たちは警察当局の中にも紛れ込み、ジョーカーは警視総監を殺害、バットマンが正体を明かさなければ市民をひとりずつ殺していくと挑戦的な予告をします。

一度は逮捕されたジョーカーは、すぐに脱走し、ハービーとレイチェルを監禁、同時に殺害しようとします。その場に現れたバットマンはハービーを救出し、代わりにレイチェルが
高い塔から滑り落ち、犠牲となってしまうのです。

STEP3

その事件の火災で顔面の半分が醜く爛れたハービーは、ジョーカーの魔の手にはまり、ダークサイドへと堕ちてゆきます。
レイチェルへの報復のため、次々と殺人を繰り返し、ゴードン警部補のファミリーを狙うハービー。ジョーカーを倒したバットマンは、そんなハービーの悲しみを理解しながらも対決するのでした。

ジョーカーという殺人鬼が消えても、悪の遺伝子は正義側だった人に植え付けられ、そんなことが繰り返し繰り返し続いていくのだろうとやり切れない思いにさせられながら、人間としての業や悲哀も抱えるバットマンの姿に、単なるヒーローもの以上の感動が呼び起こされる映画です。

まとめ

この映画の撮影後、大変重い役ジョーカーを演じた若手俳優ヒース・レジャーが他界し、撮影中だった「Dr.パルナサスの鏡」での役を友人のジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが引き継ぎました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ダークナイト

ピックアップ

ページ先頭へ