「正しい姿勢」と、言っても色々あります、体に良い正しい姿勢って

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

正しい姿勢は、一種類ではありません。世の中にはたくさんの、物、生きかた、仕事などなど、それぞれにあった、正しい姿勢、正しくない姿勢が存在します。

STEP1例えば


・モデルの正しい姿勢  きれいを、よりきれいに見せる姿勢

・ダンサーの正しい姿勢 表現したいものを際立たせる姿勢

・事務職の正しい姿勢  疲れにくく、的確にデスクワークが行える姿勢

などですが、上げればきりがありません。

STEP2体に良い正しい姿勢の条件とは


・疲れにくい
・体に負担を、かけない
・動きやすい

STEP3

このような条件がそろって、初めて「体によい正しい姿勢」と言えます。でも実際は「べつに~美しく見えるだけでいいの」とか「とにかく、仕事ができればいいの」などなど気持ちもわかりますが、体のことも考えることを、おすすめします。

STEP4

それぞれの目的のために特殊な正しい姿勢をとらなければ、ならない人はたくさんいます。ですが、日常生活までは「特殊な正しい姿勢」を続けている必要はないはずです

STEP5

体に良い正しい姿勢として考えますと、まずモデルの正しい姿勢である「胸つき出し姿勢」は、背中から首にかけての負担が大きくなります。次に事務職の正しい姿勢である「猫背姿勢」は、腰、肩、首に負担が大きくかかります。そのような特殊な正しい姿勢のまま日常生活を、おくっていますと、体は休むひまがなくなり、あげくのはてには体が固まってしまい体に良い正しい姿勢を、したくてもできなくなってしまいます。

まとめ

解決方法としましては、仕事以外の時間は「疲れにくく、負担が少ない、動きやすい」体に良い正しい姿勢をするように心がけていれば良いのです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ