手荒れ知らずのお掃除

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

直接洗剤手についてしまい、手が荒れてがさがさでいたい方必見です。 ハーブやアロマも使うので、リラックスして楽しみながら掃除します。

STEP1★ きっちん回り・冷蔵庫

酢は水垢など結晶性の汚れを落としやすくし、消臭効果もあります。
揮発性なので拭き残しても安心ですし、抗菌効果もあって食べ物を扱う場所のそうじにぴったりです。
ニオイが気になるなら、比較的刺激臭の少ないホワイトビネガーを使うとよいでしょう。

ドライハーブをビネガーに3日間ほど漬けておくと、ハーブビネガー水ができます。
これを水で2~3倍に薄めたハーブビネガーを冷蔵庫の中をふき掃除するときに使うと、香りもいいですし、揮発性なので、二度拭きがいりませんし、消臭効果もあります。
※冷蔵庫の中の拭き掃除は水拭きすると逆に雑菌が増えてしまいますので避けましょう。
. 

STEP2★ 頑固な汚れ

重曹は、粉のまま研磨剤として使うほか、液体石けんと混ぜると万能ペーストになります。
さらにビネガーを加えると発泡してふんわりとするので、壁面などに塗るのにおすすめです。

油汚れがこびりついたやかんは、重曹&石けん(1:2)のペーストでパックします。
このペーストにお好みでエッセンシャルオイルを入れると香りも良くなります。
固めに作ったペーストを塗って10分ほど置いて。汚れが強いようならスポンジでこすってから水で流します。

STEP3★ カーペット

カーペットに付いた汚れは、ステップ2の重曹ペーストで包み込んだ後、ビネガー入りの水をスプレーして、発泡する力で汚れを浮かせた後、乾いた布で素早く拭き取ります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ