普通のチョコレートとホワイトチョコレートの違い

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ホワイトチョコレートと普通のチョコレートの違いを知っていますか?

STEP1

チョコレートもホワイトチョコレートも、同じカカオ豆から作るお菓子であることは変わらないのですが、使う部分が違います。

STEP2

普通のチョコレートは、カカオ豆の胚乳部分を発酵・乾燥などして作った「カカオマス」が主成分です。これに砂糖やカカオバターを混ぜて作られます。

STEP3

ホワイトチョコレートはカカオ豆の脂肪分を集めた「カカオバター」から作られます。カカオバターに粉乳、砂糖を加えたものです。そのため、ホワイトチョコレートはチョコレートとしないとしている国もあります。

STEP4

チョコレートは動脈硬化を防ぐと、健康番組で取り上げられていますが、その理由はチョコレートに含まれるポリフェノールです。
ポリフェノールはホワイトチョコレートには含まれていませんので、どれだけ食べてもまったく動脈硬化防止効果は得られません。
また、ポリフェノール効果を期待するなら、ミルクチョコレートよりもビターチョコレートのほうが、ポリフェノールを多く含んでいます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ