唇が荒れやすい人の行動パターン

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

乾燥してくると、唇が荒れやすくなりますね

STEP1

乾燥だけでなく、紫外線の影響や表面の摩擦、辛いものなど唇の荒れには、
さまざまな要因があります。
唇は角層が薄く、皮脂膜を欠いているのでバリア機能が弱く、水分が
蒸発しやすい箇所です。

唇が荒れやすい人は、下記に心当たりはないでしょうか?
◆唇をなめるクセがある
◆つい手で皮をむいてしまう
◆水やお茶、スポーツドリンクを頻繁に飲む
◆車や飛行機で移動することが多い
◆屋外での仕事、もしくは仕事で外に出ることが多い
◆1日中、パソコンと向き合っている
◆辛い食べ物が好きだ
◆ポテトチップスやファストフードが好きだ
◆冬はスキー、スノーボードによく出かける

STEP2

皮膚の新陳代謝が約28日なのに対して唇表面の角層は3~4日と言われ、
初期段階で適切なケアをすれば早く治りやすい部位でもあります。
唇は食事などの刺激が常に加わるところなので、荒れがこじれると
治りにくいため、早めの対策が肝心です。

リップクリームを塗る場合は、香料などの刺激物が入っていないものが
効果的です。
また、就寝前の集中ケア商品も出てきているので、続けられるものを
選んで対処しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ