レーシック視力回復手術って、こんなに種類があったの、ひとつと思ってました~!!!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

レーシック視力回復手術に種類があるなんて、「きいてないよ~」って方が、ほとんどでは、ないでしょうか? 今回は5種類の治療方法を、お伝えします。これから、レーシック視力回復手術を、お考えのあなた、さらっと知識に入れおくといいでしょう。

STEP1

一般的レーシック視力回復手術 もっとも、一般的な視力回復手術方法が、こちらになります。手術方法は、角膜の表面を削りフラップを作成します、次にレーザー治療後、ふたをする。手術費用は、以前にくらべ、かなり安くなっておりまして 10万円~30万円程になっています。

STEP2

エビレーシック視力回復手術 一般的な視力回復手術と手術方法は同じですが、角膜が薄い人でも可能な、手術方法になっています。手術費用は 20万円~30万円程になっています。

STEP3

ウェーブフロントレーシック視力回復手術 ウェーブフロントアナライザーという機械を使いますが、その機械は 角膜の形状を分析し、分析結果を元にレーシック視力回復手術を行うので、いままでより高い精度の視力回復手術が可能です。視力回復手術費用は、制度が高い分少し高めで 30万円~50万円程になっています。

STEP4

イントラレーシック視力回復手術 イントラレースFSレーザーという機械を使います。その機械を使い、フラップを作成するのですが、ここが一般のレーシックと違いコンピューター制御により角膜にフラップを作成するため制度が高く、より安全になったということになります。視力回復手術費用は 20万円~30万円程になっています。

STEP5

ラセック視力回復手術 アルコールを使用します。こちらの視力回復手術の場合、角膜上皮に薄いフラップを作成する方法なので、フラップがずれる心配がありません。ラセック視力回復手術費用は 30万円~40万円ほどになっています。

まとめ

どの、視力回復手術も健康保険は使えませんので、あなたの、お財布と相談しあなたに最適な病院と視力回復手術を探しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ