「インデペンデンス・デイ」独立記念日、映画のはなし 

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

インデペンデンス・デイまたはインディペンデンス・デイどちらでもOKこちらは、皆さんよくごぞんじ、ローランド・エメリッヒ監督の映画 制作費 75,000,000ドル 興行収入 817,400,891ドル ストーリーよりエイリアンに注目 

STEP1

エイリアン、数々の惑星を征服し食い荒らすという、なんともえげつない恐ろしい種族(劇中ではイナゴに例えられていた)地球上で例えると、えーと 人間か?!!それはさておき、このエイリアン高度な科学力、軍事力を持ち、言葉ではなくテレパシーのような能力でコミュニケーションをとる。

STEP2

エリア51内で、姿が出てくるが、なんともグロテスクなタコのお化け、と思いきやそれは「バイオ・メカニカル・スーツ」パワードスーツともいえる宇宙服であった。エイリアン自体は、いわいる「グレー」である、目以外は見当たらず後頭部に平たい突起物がある、小柄な体格だ。

STEP3

「バイオ・メカニカル・スーツ」 エイリアンが小柄な体格を守るために作った「パワードスーツ」である、劇中でも科学者をガラスに突き当てて未知の力でしゃべっているシーンを思い出すとパワーは並ではない。そのスーツが、なんとも外骨格に覆われた2メートルを超える強靭な別種の生物を飼育し、内臓をくりぬいて改良を加えた、生体外骨格のようだ。

STEP4

マザーシップ 全長が約550キロメートル質量が月の4分の1のエイリアンの母船。下部には シティ・デストロイヤーが50機配備され、シティ・デストロイヤーなどのシールド発生装置もここから発信されている。

シティ・デストロイヤー 直径約24キロメートルの巨大な円盤、劇中でも世界各国に現れたのがこいつで、エイリアンの強力な兵器である、シールドが張り巡らされており、地球上の兵器ではまったく歯が立たない。

STEP5

アタッカー エイリアンの戦闘機で、2本のレーザーが武器でそのまま宇宙空間わ飛ぶことも出来、こちらもシールドがあるが岩などへの衝撃はカバーすることは出来ない。小説ではバイオ・メカニカル・スーツと同じで別種の生物を飼育し、遺伝子工学あるいは纏足のように整形した動物兵器である機体の装甲板に毛穴などが発見された

まとめ

SFで実話ではないがどこまで近未来に起こりそうだと思って製作しているのか、知りたい気もするが、まったく根拠がないかどうかは、製作者に尋ねたわけではないので考えさせられる。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ