インディペンデンス級・フリーダム級(沿海域戦闘艦)

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

・インディペンデンス(独立)という意味をもアメリカ海軍の沿海域戦闘艦(LCS)。 その名の艦は6隻目 2009年12月18日に海軍に引き渡された。2010年1月16日に就役。 ・フリーダム(自由)いう意味をもつアメリカ海軍の沿海域戦闘艦(LSC) その名を持つ艦としては3隻目 2008年9月18日に海軍によって公式に受領された。

STEP1

インディペンデンスは小型の水上戦闘艦、船体は三胴船(トリマラン)設計で
40ノット (74 km/h, 46 mph) 以上を発揮できる。
沿海域戦闘艦の諸プランのうち、建造に着手された2種類のうちの1つで、甲板面積など性能面では優位だが、複雑な船体ゆえに調達コストが高くなるのが難点。

本級の特長のひとつが三胴船(トリマラン)設計によって、艦尾にある飛行甲板が広くH-60級ヘリコプターなら2機、CH-53の離着艦も可能、MQ-8ファイアスカウト(無人航空機)の搭載も検討中である

STEP2

フリーダムの任務の目的は水深の浅い海域での任務、船体はモノハル設計で45ノット(83 km/h/52 mph)以上を発揮できる。フリーダムが単胴船(モノハル)案 。艦尾にヘリコプター発着甲板を設ける。MQ-8 ファイアスカウト(無人航空機)の搭載も検討されている。

STEP3

同型艦フライト0として2隻が2012年就役予定、その後インディペンデンス級・フリーダム級と共にテストを実施し、量産型が約50隻建造される見込み

まとめ

とても特徴のある形をしている船です。写真を掲載できないのがとても残念 写真はこちら、インディペンデンス (沿海域戦闘艦)          ↓   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:US_Navy_100116-N-8273J-025_The_new_littoral_combat_ship,_USS_Independence_(LCS_2)_is_pier_side_during_her_commissioning_ceremony.jpg 写真はこちら、フリーダムとインディペンデンス http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e7/US_Navy_101104-N-0000X-002_A_composite_photograph_of_the_littoral_combat_ships_USS_Freedom_%28LCS_1%29%2C_top%2C_and_USS_Independence_%28LCS_2%29_provided_by_N.jpg

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ