時差ボケの対処の仕方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

個人差はありますが、時差が5時間以上になると時差ぼけになりやすいようです。旅なれた人達は時差ボケしないように色々な工夫をしています。

STEP1

3日前から準備を始めます。3日前から30分ずつ旅行先の現地時間に合うように起床・就寝時間をずらしていきます。

STEP2

水分をしっかりとっておきます。フライトの前にはカフェイン、アルコールを避け、水を1日にコップ8杯ぐらい飲んでおきます。

STEP3

3日間の食事は朝に高タンパク質の食事を、昼には炭水化物中心の食事に変えます。

STEP4

機内では動きやすい服装をします。着替えを持っていって機内で着替えても良いでしょう。席に着いたらすぐに靴を脱ぎます。

STEP5

機内では水分をたくさん補給しましょう。1時間おきに水を補給するのが理想です。カフェインとアルコールは避けましょう。

STEP6

可能なら、機内を歩き回りまわり、ストレッチをすると良いです。

STEP7

現地での時間に自分の時計を合わせ、なるべく現地の時間で行動します。朝に到着するなら、機内で睡眠をとっておきましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ