機内での食べ物を用意する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

航空会社によってはスナックや飲み物を頻繁に支給してくれない、又は全然支給しないことがあります。機内で水分やエネルギー補給をしていくと、現地で良い体調で旅をスタートすることができます。自分で好きな食べ物を持っていくのが一番簡単です。

STEP1

利用する航空会社の規定を参照し用意します。出発時間やフライトの長さにより持って行く食べ物の種類は変わりますが、詰めやすい物で健康的なものがお勧めです。塩分が多いものやカロリーばかりが高くて栄養のないものは避けましょう。小分けになって販売されているものもありますが、自分でジップロックバッグ等に入れていくと、セキュリティチェックでもチェックしやすいので便利でしょう。

(お勧めの食品)
チーズ
クラッカー
ゆで卵
ナッツ、ドライフルーツ
果物
サンドイッチやおにぎり
シリアルバー
クッキー(おやつに)

STEP2

セキュリティチェックを通過したら飲み物を調達します。機内の空気は乾燥していますので、十分に水分補給することが大事です。カフェインをとりすぎるは脱水症状を引き起こす原因になる場合がありますので、控えましょう。お勧めは水です。

STEP3

ウェットティッシュを持って行きましょう。機内でもナプキンをもらえますが、自分で好きなだけ使えるウェットティッシュがあると大変便利です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ