喫煙者の長いフライトの過ごし方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

今ではどの航空会社でも機内は禁煙になっているので、喫煙者にとって長いフライトは禁煙している状態と同じになります。イライラしたり、汗をかいたり、頭が痛くなったり、疲れたり、吐き気を感じる人も出てくるでしょう。喫煙者が少しでも楽に長いフライトを過ごせるような方法をご紹介します。

STEP1

前の晩には良く寝て、空港には早めに到着しましょう。ギリギリに到着して焦ったりイライラすると余計にタバコが欲しくなります。

STEP2

余裕があるなら、機内で快適に過ごせるよう、もう一席予約して追加のスペースを確保するか、席をアップグレードしましょう。

STEP3

ガムやニコチンパッチ、電子タバコを用意しましょう。

STEP4

ナッツ等の健康的な食べ物を機内に持ち込みましょう。噛み続けることにより、吸いたいという衝動を抑えてくれます。

STEP5

機内ですることをたくさん用意しておきます。本や、ゲーム等があると時間をつぶすことができます。

STEP6

アルコールは控えましょう。飲めば飲むほどタバコが欲しくなります。代わりに水をたくさん飲みましょう。

STEP7

ストレッチをします。

STEP8

耐えられないようだったら寝てしまいましょう。事前に医師に相談して機内で眠れるよう処方してもらっても良いでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ