子供が早くバイバイを覚える方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2
  • ありがとう数:0

はじめに

わが子の成長は楽しみで何でも早く覚えてほしいと思いますよね。 そこで早く覚えてくれる実践法を教えます。

STEP1

子供は「親の鏡」と言われますが、とくに子供が小さければ、顕著に現れます。

子供に何かを教えるのに早いに越したことはありません。
ただし、危険が伴うもの、親があまり教えたいと思わないもの(知らなくてもいいことで)は教えなかったり、遅かったりでもいいと思いますが、挨拶などは早く覚えたほうが愛嬌にもなりますし、挨拶のできる子は周りにもすかれて、親としても気分がいいものです。

STEP2

バイバイを教えるには早い時期(うちは3ヶ月のとき)から、家族には当たり前で車でもバスでも、鳥や犬でも、バイバイと親が言っている姿をみせて、子供に「バイバイよ」と話しかけます。

そうすることで、子供はバイバイするものだと認識します。

STEP3我が子は7ヶ月のときに手を振る動作をしました。

一概にそれだけではないかもしれませんが、対照的にあまり子供にそういうことを教えなかった子供は1歳半の検診でもバイバイが言えず、言葉が遅いかもねと言われていました。

最近、あかちゃん言葉はよくないと言われることもありますが、バイバイなら大人でも使いますし、小さいうちから教えても問題はないです。

まとめ

また、これをすることにより、相手との関係性の大切さを学ぶようで、動物などにやさしくなれます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ