ゲームハードが投資、と感じる理由

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

元もじぴったんプロデューサーの方が書かれているブログが素晴らしいので、いちファンとして、多くの人にゲーム作りのハウツーとして広めたいと思い、勝手ながら引用させてもらいました。 不適切なら削除してください。 引用元: 元もじぴったんプロデューサーの生の知恵ブログ http://ameblo.jp/takashi0nakamura/entry-10774701786.html

STEP1

ゲームハードを購入するお客様に話を聞いている時に、ゲームのハード(プラットフォーム)を購入する事を「投資」というシーンに何度かあいました。

何故「投資」なのかを考えると、次の二つの大きな理由がありそうに思います。

(1) 投資したハードウェアのお金は、段々回収していく
ゲームハードは高額で、1本のゲームソフト、数回のゲームプレイだけでは元が取れない、という意識があるのかと思います。

(2) 投資したハードウェアのお金分、回収できない、元を取れない可能性がある
今のようにゲームのハードウェアが複数出ている場合、自分が欲しい、遊びたいと思っているタイトルがそのハードで出るとは限りません。

STEP2

ですから、回収できない可能性も含めて「投資」と言う表現をしているのではないかと思います。

購入したハードが高ければ高いほど、後に不安を感じます。
自分が購入したハード以外に自分が欲しいソフトが出たりすると、そういった不安が高まります。

ハードが高額なので、仮にゲームソフトが出なくても楽しめるような「保険」をハードに求める事もありますね。
AV機能とか、実用的に使える何かの機能とか....

今の高額なゲーム機は相変わらず購入前にお客様に「リスク」を負わせているという側面を持っています。

STEP3

もしゲーム機の値段が下がったら全部買えばいいのか...というのも違う気がします。

ここでは、ハード(プラットフォーム)の話をしましたが、実は高いゲームソフトを購入するのも、同じく「投資」という感覚をお客様が持つ事があります。

そもそも、購入前に楽しめないかもしれない、という「不安」があるという事が実は問題で、商品を作る側は、その不安をどうやったら小さくできるのか、という事について知恵を絞る必要があると思っています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ