寒い冬を乗り越えよう!エコ暖房アイデア

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1
  • ありがとう数:0

はじめに

寒い冬のエコな暖房法をご紹介します

STEP1◆出かけるときは早めに暖房OFF

出かける予定がある場合は早めに暖房を切りましょう。
出かける予定時間の30分前に切っても十分暖かさは保てます。
これは就寝前も同じです。

◆電気カーペットは使う部分だけ
電気カーペットは便利ですが、かなり大きな電力を使います。
部屋全体を暖めるものではないので、使う場所にあった大きさ
のものを選びましょう。半面ずつ切り替えられる機能はぜひ活用を。

STEP2◆湯たんぽを活用して暖かく

最近湯たんぽが人気です。金属製だけではなくプラスチック・ゴム製
のものも多くサイズや形も豊富です。かわいいカバーもたくさんあって
お部屋に置いてもオシャレだったりしますね。そんな湯たんぽを
寒い夜、布団に入れておくと朝までポカポカ、お湯は翌朝の洗濯や
洗顔に十分使えます。

◆こたつの敷きマットの下には断熱シート
アルミの断熱シートをこたつの敷きマット・ホットカーペットなどの
下に敷くと熱を床に逃がさないので効率よく暖かさを保てます。

STEP3◆窓に断熱シートを貼る

カーテンも断熱効果がありますが、常に閉めたままという訳にも
いかない場合は、窓に断熱シートを貼りましょう。梱包などに使う
空気が入ったいわゆる「プチプチ」が利用できます。北側の部屋
や寝室などの窓に貼ってみましょう。(見た目が…という方は、
オシャレなシートもホームセンターなどで売られています。)


◆扇風機で足元暖か
暖気は軽いので天井のほうに集まってしまいます。
立ち上がると暑く座ると寒いというような場合には扇風機を
天井に向けて回しましょう。

STEP4◆暖房器具は窓のそばに置く

温度が低い窓のそばに置いた方が、天井部分、床部分の
温度差が少なくなります。


◆暖房器具はこまめに掃除を
ファンヒーターのフィルターやストーブの反射板は、
汚れがつくと暖房効率が低下しますのでこまめに掃除しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ