中華料理の正しい食べ方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
目上の方との正式な場での食事でも、堂々と楽しむために正しいマナーを覚えておきましょう。

STEP1揚げ春巻き

箸でつまみあげ、端からかじってもいいのですが、あらかじめ皿の上で2つに割ってから食べる方が、落としたりする失敗は少ないです。
ベトナム風の生春巻きは手で持ってかじりついてOKです。

STEP2小籠包

左手にれんげ、右手に箸を持ち、いったん箸でつまんで、れんげにのせてから食べるのが正式な食べ方です。
ねこ舌の方は、ここで皮を割り、中のスープを冷ましてから食べるといいです。

STEP3中華の麺もの

麺を右手の箸でつまみ、左手のれんげにいったんのせて、食べるのがマナーです。
スープもれんげを使って飲みます。
音をたてたり、どんぶりに口をつけて飲むのはNGです。

STEP4北京ダック

皮にテンメンジャンを塗り、ネギときゅうり、北京ダックを1切れを中央より少し奥にのせます。
皮の手前を上に織り込み、左右の皮を具の上に折り込んで完成です。
具材を多くのせすぎると、食べにくくなるので注意。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ