フローリングは「弱」で十分!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

掃除機を使うとき、 「強」「弱」の切り替え、 意識していますか?

STEP1たいていの掃除機には「強」「弱」の切り替えスイッチが

ついていると思います。
掃除機をかける場所によって使い分ければ結構電気代の
節約になるんだそうです。

STEP2フローリングの掃除は「弱」で十分。

カーペットなど、吸い込み口と床面が密着しない場合だけ「強」に
してください。実は消費電力がかなり違うのです。機種によって
違いはありますが「強」の電気代は「弱」の3~4倍にもなります。

STEP3また、効率よく吸い込む為にフィルターはこまめに掃除し、

紙パック式ならパックもこまめに取り替えましょう。
モーターに負担がかからずエコにもなります。

STEP4なお、掃除の前には室内を片付けてから、掃除機は一気に

かけましょう。片付けながら掃除をすると時間はかかりますし、
電力をムダに消費することになります。

短時間の中断ならスイッチを頻繁にオン・オフする必要はありません。
電化製品、特にモーターやファンを回すものはオンの直後がより多く
電力を消費するからです。

まとめ

掃除機をかけるとき、ついつい「自動」で物を動かしながら やってしまいます。ちょっと気をつけるだけで時間短縮・節電に なるんですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ