MRI検査でどんな疾患がわかりますか?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

MRI(核磁気共鳴画像法)検査は医師が体内の様子を見る時に使う画像検査の一種です。MRI検査は安全で痛みもなく、様々な疾患の診断に役立ちます。

STEP1特徴

MRI検査では、磁石と電波を使って体内の臓器や骨その他の部位を調べます。

STEP2長所

MRIはX線には映らない体内組織の画像を得ることができ、CT検査のように放射線を使用しません。また、CT検査よりも多くの角度から見た画像を得ることができます。

STEP3有用性

ガン、心臓疾患、脊髄や関節の状態など、様々な所見の診断の補助として役立ちます。

まとめ

MRIでは強力な磁石を使用しているので、アクセサリーや金属の付いた服を身につけていたり、体内にペースメーカーのような金属を埋め込んでいる場合、そのまま検査するのは大変危険です。

※配慮が必要な場合
大きな円筒の中に入って検査するので、閉所恐怖症を感じる方がいるかもしれません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ