”いざ”という時あわてない防災対策

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

1995年1月17日に阪神淡路大震災が起こりました。 ライフラインといわれる水道、電気、ガスなどがすべて使えなくなりました。 また、6000人以上の人が亡くなるなど、多くの被害が出ました。 このような災害は、いつ起こるのか誰にも予測できません。 もしもの時に備えられるよう考えてみませんか?

STEP1

非常持ち出し袋を用意しましょう。

中に入れているものは定期的に確認して、
点検することもわすれないでください。

STEP2

家具などが倒れないように固定しておきましょう。

非難するとき少しでも障害物がないように、
また、倒れてきて下敷きにならないようにしましょう。

STEP3

避難場所への道筋を確認しておきましょう。

非難するときどの道を通るのが安全なのか知っておくと
スムーズに非難できます。

STEP4

家族の集合場所をいくつか決めておきましょう。

家族と離れ離れになってしまうかも知れません。
どういう状況になるかわからないので、
集合場所を決めておきましょう。

また、連絡方法も考えておくといいでしょう。

まとめ

緊急時には慌ててしまうものです。 少しでも落ち着いて行動できるように 日頃から考えることが大切だと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ