調理時の一工夫で添加物の摂取量を抑える方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぽたる
私たちの身の回りにの食品には様々な食品添加物が使用されています。これをそのまま食べるより、一工夫して少しでも添加物の摂取量を抑える方法をご紹介します。

STEP1【インスタントラーメン】

添加物の多い食品の代表格ともいえるインスタントラーメンですが、麺をゆでる時に別の鍋でお湯をわかしゆでることによって、食品添加物の摂取量を抑えることができます。スープはやかんなどで沸かしたお湯で作り、別の鍋でゆでた麺をいったんザルにあげ、それからスープに入れて食べます。お野菜なんかも一緒にゆでて食べましょう。

STEP2【ソーセージ】

これまた意外と添加物てんこもりなのがソーセージ。特にソーセージは子どもが好んで食べるので、できればどうにかしたいもの。そのまま炒めるよりも、切れ目を入れてからゆでると、添加物の摂取量を抑えることができます。お子さんのお弁当に入れるソーセージはぜひこの調理法で。

STEP3【野菜】

野菜にも保存性を高めるためや、漂白するためなど、様々な目的で添加物が使用されています。ポストハーベストも気になるところですので、できればよく洗ったあと、しばらく水につけてから調理しましょう。特にもやしはすぐに使わず、何回か洗った後、水にひたしておきましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ