NHKの受信料支払いの断り方②

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

特別な道具もテクニックも要りません。 「【Update!!】もっとも求められているガイドテーマ一覧(http://okguide.okwave.jp/guides/25048) 」に要望が寄せられていた、NHKの受信料支払いの断り方をご紹介します。 今回は NHKと契約を結んでしまった「契約者」の場合の断り方をご紹介します。 いままで受信料を支払っていたけど解約したい!という方、支払うことを約束してしまったけど解約したい!という方は必見です。

STEP1「受信契約を解約します」という意志を表示します。

これだけですが、意思表示にはいくつか方法があります。

STEP2文書で意思表示

葉書か手紙等に、
「放送受信機廃止届
 日本放送協会会長 殿
 放送受信機を廃止しましたので、放送受信規約に基づき、放送受信機廃止届を提出します。
 提出日 平成  年  月  日
 名前
 住所
 電話番号
 放送受信機廃止日 平成  年  月  日
 『廃止の理由 (すべての受信機を廃止したため)など』
 以上 」

送り先は、
「近隣の放送局の住所 受信料係」です。


『内容証明郵便』で送ると何らかの事故で届かなかったということがなく確実でしょう。

STEP3集金しに来た人・電話で意思表示

集金する人が来たときやNHK放送局に電話し、
「テレビを廃止しましたので解約します。廃止届をください」と言いましょう。
廃止届の用紙がもらえ、あるいは送られてきます。
これに記入・捺印してNHKに返送する。

STEP4ちなみに「廃止」って??

テレビが故障した・捨てた・他の人に譲ったなどのことです。

STEP5【追記】

ほんとに「廃止」したか証明は必要?

テレビが壊れたとか捨てたという証明は必要ありません。
また、「テレビをほんとうに捨てたのか確認させろ」と家の中に入ろうという事件があったそうですが、NHKには家宅捜査権はありません。だから断っても法的には問題ありません。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ