寒中見舞いとは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

寒中見舞いって書かれたことのある方って少ないと思うんですけど書き方とかいろいろ知っておくと後々便利かと思いますよ。

STEP1

日本の風習の一つで、寒さについて相手を気遣う意味を込めて送るものだそうです。
二十四節季の小寒(1月5日頃)から立春(2月4日)までの「寒中」に送るものだとされています。

STEP2

喪中などで正月に年賀はがきが送られなかった相手に、年賀状の代わりにも用いられるそうです。

また行事(節分祭)などの参加依頼としてもつかわれるものだそうです。
様々な事情があって年賀状であいさつできなかった方とかには、年始の挨拶という意味でも
取り入れたほうがいいかもしれないですね。

STEP3

喪中で年賀状が送れなかった方たちへ参考までに例文を記載します。
「寒中お見舞い申し上げます。
早々に賀状をいただき、ありがとうございました。
昨年○月に○○が逝去し服喪中ですが、このことはどなたにもお知らせしないまま年始のご挨拶を欠礼させていただきました。
お許し願います。
厳寒に向かう時節柄、ご健康にはくれぐれもご留意ください。」

まとめ

様々な書き方、例文等があるのでこちらも参考にしてみてはいかがでしょうか? http://www.nengasyotyuu.com/bunrei/season/season_02.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

はがき 相手に対する気遣い

特集

ピックアップ

ページ先頭へ