下ネタをさわやかに言う方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
下ネタは、なかなか使いどころが難しいものです。時と場所を選んで使いたいですね。

STEP1①言う相手を選ぶ

まず、言う相手を選びましょう。
同世代の男同士であれば、大抵の下ネタは許容されます。
しかし、異性に対して言うのは、かなりの賭けです。

場所・タイミングにもよりますが、
言う相手を良く考えて、互いに気まずくならない相手に言いましょう。
ただし、どんな相手でも言い過ぎるとひかれます。

STEP2②場所・機会

言う場所・タイミングを選びましょう。
当たり前ですが、正式な会では下ネタを言うべきではありません。
適しているのは、例えば少人数の飲みで、
ある程度盛り上がっているような場合でしょうか。

そこにいる人との人間関係にもよりますが、
場所・機会を計算して下ネタを言いましょう。

STEP3③言い方

言い方も重要です。
あまり押すと、確実に場が冷めてしまいます。
異性がいる場でいうのであれば、
冗談として通じる程度に言いましょう。

かなり耳をひくものですから、さらっと言っても結構聞かれます。
自分のキャラを踏まえて、下ネタを言える回数を考えておきましょう。
普段言わない人が、突然言うと盛り上がりますが、
そういった人が何度も押すと、逆に盛り下がってしまいます。

まとめ

ここぞ、というときに言いましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ