育児中のわずかな隙間時間を使う方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

新生児を育てているときって、本当に「自分の時間」が捻出できないものです。何とか時間をひねり出そうと、試行錯誤で編み出した方法をご紹介します。

STEP1■子どもを見ながら家事をする

育児中一番の空き時間は「子どもが寝ている間」ですが、これは自分の息抜きのために使いたいものです。そのために、やらなければならないことは、極力子どもが起きている間にすませておきたい。
子どもとおしゃべりをしながら(新生児だと目を見て話しかけるぐらいですが)洗濯物を畳む、床のぞうきんがけをする、という家事をすることが可能です。

STEP2■子どもをあやしながら本を読む

昼の寝かしつけやぐずる子をあやすとき、長時間抱っこをすることになります。抱っこしていると両手が塞がりますが、目線は必ずしも子どもに向けなくても大丈夫です。
棚の上や机など「立って読める位置」にブックスタンド(100均などで売られている、本を広げた状態で立てられるもの)を置いておき、抱っこのときはそこへ行けば本が読めます。これを積み重ねて資格試験の勉強も可能です。

STEP3■授乳中に新聞を読む

床に座って授乳するなら、同時に読むのは新聞がオススメです。1回広げておけば頻繁にめくらずにしばらく読めるので、手が動かしにくいときには適しています。

まとめ

育児の専門家には「子どもに専念しないなんてけしからん」などと怒られそうですが、四六時中子どもにどっぷりでは、母親だってストレスがたまります。適度に手を抜き、「自分のこと」も手がけるのが、細く長く育児を続けるコツのように思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ