山梨出身者を見分ける方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

あなたの身の回りにいる、山梨出身者を見分ける方法をご存知ですか? 実は、話しているだけで、簡単に地方出身者を見分けることができるのです。 ここでは、3つの事例を紹介しますので、語尾や言い回しから特徴を見つけてみてください。 引用元: 日本全国方言プロジェクト (C)立命館大学文学部テーマリサーチゼミナール

STEP1お昼の会話

ゆうか もうこんな時間じゃん。お腹すいたな~。
りん  わたしもお腹すいたな~。
ゆうか お昼にするけ?
りん  うん、ほうしちゃ~。なに食べるで~?
ゆうか カレー食べたいな。
りん  てっ!わたし昨日カレー食べただけんね。
ゆうか だったら、オムライスにしん?
りん  あっ!い~ね~。
ゆうか 駅前の道をまっすぐ行って、左に曲がったらオムライスのおいしい店あるだよ。
りん  ほんと?行っちゃ~!
ゆうか うん、行っちゃ~。

STEP2放課後のラウンジにて

さくら りん、お疲れ。
りん  お疲れ。今なにしてるで?
さくら なんもしていんよ。
りん  だったら、ラウンジで話さん?
さくら うん、話しちゃ~。
    今日、ええかん寒いと思わん?
りん  えっ、ほう?ほんね~寒くないよ。
    なにかぬくといもんでも買ってきたら?
さくら うん、ほうする。ちょっと待っててね。
りん  うん。

STEP3桃太郎

 昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが仲良く暮らしていたっさ。
 ある日、おじいさんは山にしばかりに、おばあさんは川へ洗濯に行ったっさ。
 おばあさんが洗濯をしていると、川上から大きな桃が流れてきたっさ。

 「てっ、なんて大きな桃ずらか。
 おじいさんは桃が大好きだから、きっと喜ぶら。」

 おばあさんは桃を拾い、家へ持ってけぇったっさ。
 おじいさんと桃を開けてみると中からぼこが出てきたっさ。
 桃から出てきたので桃太郎と名前をつけたっさ。
 やがて桃太郎は大きくなったっさ。
 ほの頃、村では鬼が宝物や食べ物を盗んでは荒らしまわっていたっさ。
 ほこで桃太郎は鬼退治に行くこんになったっさ。

 おばあさんに作ってもらったきびだんごを持って桃太郎は鬼ヶ島にでかけたっさ。
 途中、犬が出てきて桃太郎に言ったっさ。
 「桃太郎さん、どこへ行くでぇ?」
 「鬼ヶ島に鬼退治に行くだよ。」
 「腰につけたもんはなんでぇ?」
 「きびだんごじゃんね。
 おばあさんが作ってくれたっさ。」
 「お供しますから、ひとつくりょうし。」
 こうして犬は桃太郎について鬼ヶ島に向かったっさ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ