富山出身者を見分ける方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

あなたの身の回りにいる、富山出身者を見分ける方法をご存知ですか? 実は、話しているだけで、簡単に地方出身者を見分けることができるのです。 ここでは、3つの事例を紹介しますので、語尾や言い回しから特徴を見つけてみてください。 引用元: 日本全国方言プロジェクト (C)立命館大学文学部テーマリサーチゼミナール

STEP1お昼の会話

ゆうか もうこんな時間やちゃ。お腹すいたわ~。
りん  わたしもお腹すいたわ~。
ゆうか お昼にせんまいけ?
りん  うん。そうしよまいけ。なん食べるけ~?
ゆうか カレー食べたいわ。
りん  えっ!わたし昨日カレー食べたわ。
ゆうか だったら、オムライスにしよまいけ?
りん  あっ!いいね~。
ゆうか 駅前の道をまっすぐ行って、左に曲がったらオムライスのおいしい店があるがいぜ。
りん  ほんま?行こまいけ!
ゆうか うん、行こまいけ。

STEP2放課後のラウンジにて

さくら りん、お疲れ。
りん  お疲れ。今なにしとんがけ?
さくら なんもしとらんちゃ。
りん  だったら、ラウンジで話さんけ?
さくら そやのう、話そまいけ。
    今日、ひどい寒ないけ?
りん  えっ、そうけ?そんな寒ないちゃ。
    なんかあたたかいもんでも買うたらどうけ?
さくら そやのう、そうすっちゃ。ちょっと待っとって。
りん  うん。

STEP3桃太郎

 昔々、あるところにおじじとおばばが仲良く暮らしとったがやと。
 ある日、おじじは山にしばかりに、おばばは川へあらいもんに行ったがやと。
 おばばがあらいもんをしとったら、かまてからでっかい桃が流れてきたがやと。

 「あっちゃー、なんちゅうでっかい桃ながやろう。
 おじじは桃が大好きやから、えっらい喜ばっさるやろー。」

 おばばは桃をひろて、いべへさげて帰ったがやと。
 おじじと桃をわらかしてみると、中からねねが出てきたがやと。
 桃から出てきたので桃太郎と名前をつけたがやと。
 やがて桃太郎はでっかくなったがやと。
 その頃、村では鬼が宝もんや食べもんを盗んでは荒らしまわっていたがやと。
 そこで桃太郎は鬼退治に行くことになったがやと。

 おばばにこっしゃいてもらったきびだんごを持って桃太郎は鬼ヶ島にでかけたがやと。
 途中、いんころが出てきて桃太郎に言ったがやと。
 「桃太郎さん、どこへ行かっしゃるがけ?」
 「鬼ヶ島に鬼退治に行くがいちゃ。」
 「腰につけたもんはなんけ?」
 「きびだんごやちゃ。
 おばあさんがこっしゃいてくれたんがいちゃ。」
 「一緒に行くさかい、ひとつくだはれ。」
 こうしていんころは桃太郎について鬼ヶ島に向かったがやと。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ