「見たまま編集」を使ってガイドを書く方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6856
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by OKWAVE Guideスタッフ
「見たまま編集」の使いかたについて説明します。

「見たまま編集」とは

Photo by OKWAVE Guideスタッフ
投稿画面のテキスト入力欄の上にある、文章の装飾を簡単に挿入できるボタンです。文書を入力して、ボタンを押すだけで使う事ができます。

テキスト

ボタンをクリックせずにテキスト入力欄に文字を打つと、普通の文章が入力されます。

見出し

Photo by OKWAVE Guideスタッフ
STEP内で見出しをつけたい場合に使います。

「見出し」ボタンをクリックして文字を入力、もしくは文字を入力した後に見出しにしたい部分をドラッグで選択して「見出し」ボタンをクリックします。

改行をすると普通の文章に戻ります。

太字

Photo by OKWAVE Guideスタッフ
文章の中で文字を太字で強調したいときに使います。

「太字」ボタンをクリックして文字を入力、もしくは文字を入力した後に見出しにしたい部分をドラッグで選択して「太字」ボタンをクリックします。

太字をやめたいときには、再度「太字」ボタンをクリックします。

下線

Photo by OKWAVE Guideスタッフ
文章の中で文字に下線をひいて強調したいときに使います。

「下線」ボタンをクリックして文字を入力、もしくは文字を入力した後に見出しにしたい部分をドラッグで選択して「下線」ボタンをクリックします。

下線付きの文字をやめたいときには、再度「下線」ボタンをクリックします。

リスト

Photo by OKWAVE Guideスタッフ

箇条書きをしたいとき、複数のものを羅列したいときに使います。


「リスト」ボタンをクリックして文字を入力します。もしくは、リスト表示にしたい部分を部分をドラッグで選択肢「リスト」ボタンをクリックします。改行([Enter]キー)を入れると、リスト項目が増やせます。


改行を2回いれると、普通の文章に戻ります。

数字リスト

Photo by OKWAVE Guideスタッフ
数字付きで箇条書きをしたいとき使います。手順の説明等で箇条書きの頭に数字を入れて表示させたい場合などに便利です。

「数字リスト」ボタンをクリックして文字を入力します。もしくは、リスト表示にしたい部分を部分をドラッグで選択肢「数字リスト」ボタンをクリックします。改行([Enter]キー)を入れると、リスト項目が増やせます。

改行を2回いれると、普通の文章に戻ります。

羅線

Photo by OKWAVE Guideスタッフ
ステップ内の文章中に区切り線を入れたいときに使います。

区切り線を入れたい部分で「罫線」ボタンをクリックします。

リンク

Photo by OKWAVE Guideスタッフ

文章中のテキストに他サイトへのリンクを設定したいときに使います。


リンクを設定したいテキストをドラッグで選択し「リンク」ボタンをクリックします。

Photo by OKWAVE Guideスタッフ
Photo by OKWAVE Guideスタッフ

リンクが設定されると、リンク部分の文字はこのように青文字で表示されます。

引用

Photo by OKWAVE Guideスタッフ

他サイトや書籍から文章を引用するときに使います。


「引用」ボタンをクリックすると、このような枠が表示されます。引用テキストをこの中に入力します。引用部分を終了して、普通の文章に戻るときには[Enter]キーを押します。


「引用」の枠内で改行をするときには、[Shift]+[Enter]キーを押して下さい。

注意

Photo by OKWAVE Guideスタッフ
注意してほしい点を強調したいときに使います。

「注意」ボタンをクリックすると、このような枠が表示されます。テキストをこの中に入力します。引用部分を終了して、普通の文章に戻るときには[Enter]キーを押します。

「注意」の枠内で改行をするときには、[Shift]+[Enter]キーを押して下さい。

ポイント

Photo by OKWAVE Guideスタッフ

おさえてほしいポイントを強調したいときに使います。


「ポイント」ボタンをクリックすると、このような枠が表示されます。引用テキストをこの中に入力します。引用部分を終了して、普通の文章に戻るときには[Enter]キーを押します。


「ポイント」の枠内で改行をするときには、[Shift]+[Enter]キーを押して下さい。

まとめ

各ボタンを上手に使って、見た目にも読みやすいガイドになるように工夫しましょう。

必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ